リアルタイムティックチャート

リアルタイムティックチャート


リアルタイムティックチャート
実際にFXの取引を始める前に、理解しておかなければいけないことがいくつかあります。
ここではそのようなFXの初歩的なことをご案内しています。

FXのツールでは「リアルタイムティックチャート」と呼ばれているFXの鍵を握っているローソク足チャートを表示することが出来ます。
これは分足や60分足、そして日足を選択し、その通りに設定することが可能となります。
FX取引を始めるために、重要となってくるFXツールというのは様々な機能が搭載されているのです。
そしてどのようなツールを選ぶによりまして、その後の取引に大きく影響することとなるでしょう。

FX取引におけるツールの中で搭載されているものとして、リアルタイムで為替レートを確認することの出来る表示機能があります。
このツールは自分が取引をしている通貨の情報を知ることが出来たり、また通貨をペアにした時の状況をも理解することが出来るのです。



リアルタイムティックチャートブログ:17年07月16日

パンやそば・パスタなどの麺類が
当たり前のように食卓に上るようになった今、

俺の周囲にも
「1日3食麺でもいいな」とか
「1日1回はパスタを食べたい」等と言う人が多いですが…

俺は「1日3食ごはんOK派!」です。

もちろん、パンもパスタも好きですが、
「ごはん」は特別ヒイキしてしまう炭水化物であり、
大切な主食なのです。

白いごはんとお味噌汁のセットは、基本中の基本として、
ごはんが主役となる「おにぎり」には特に目がありません。

炊飯器から立ち上る「フワッ」としたかぐわしい香りと湯気。
しゃもじで、炊き上がったごはんに空気を与え、
それをおにぎりにする時といったら、なんとも幸せな気持になります。

「どこかに行きたいな」と思うときのお供は、何と言っても「おにぎり」。
作りたてはもちろん、冷めても味わい深いおにぎりって何て素敵なんでしょう!

「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、
上手かどうかは別として、俺はおにぎり作りが大好きです。

今では、何個か作る時、手の平に乗せるごはんの量で、
だいだい200グラムという平均値が出せるようになり、
「おにぎり屋さんになれるかもね~」などと一人自己満足。

このように、
手の平のぬくもりが残る食べ物っておいしい物なのだろうな…と
廃れることの無いごはん文化を思ったりもします。

中に入れる「具」も様々な物が合いますし、新しい具で冒険もできる…
それも大きな魅力です。

シンプルな素材だけに
作る人それぞれのちょっとした工夫が十分に生かされる、
日本人には欠かせない「チカラの素」だと俺は思います。

リアルタイムティックチャート

リアルタイムティックチャート

★メニュー

インターネットやテレビなどの為替の動き
FXに関する情報のみを配信しているサイト
FXも株取引やその他の投資と同等
「スプレッド」も重要なポイント
投資効果に優れたとても魅力的な商品
FXのツール機能も多彩
出来るだけ少ない投資でリスクを抑えたい
リアルタイムティックチャート
時間を掛けたくなかったら「スワップ狙い」
往復取引と言われるデイトレード


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)そこが知りたい!噂のFX